真岡信用組合本店

駅のロータリーの真正面に対峙する配置を有効に活かしつつ、「大きく白い建物・窓のデザインは重要」という要望に応えて計画を進めた。
白い花崗岩の列柱を配する事により大きさを感じさせ、窓は極力主張を抑え、むしろ消す方向とした。尚、建物のファサードは、黄金比となっている。

名称:真岡信用組合本店
建築主:真岡信用組合
主用途:信用組合・事務所
所在地:栃木県真岡市
敷地面積:2,033m2
建築面積:700m2
延べ面積:2,278m2
構造・規模:RC造一部S造 地上5階
竣工年:1998年
備考:–